お酒が好き!

お酒のお話です。

未分類

【営業のコツ】コールセンターのテレアポで獲得するために僕が意識していたことパート2。それは○○○。

投稿日:2016年10月9日 更新日:

前回お話したテレアポのコツに続いてのパート2です!

前回の記事

【コツ】コールセンターのテレアポで獲得するために僕が意識していたこと。それは○○○。

今回も僕が意識していたことをお話しますね!参考にしてください!

ちなみに僕は社内でウォータサーバーの売り上げ1位(そんなに大きい会社ではなかったですが)テレアポ契約2位などそこそこ営業では成績を残してきました。多少参考になるかと思いますので是非読んでいってくださいね!

前回はテンションの大切さを紹介しました!今回紹介したいスキルは

笑声

です。

テレアポは顔が見えません!なので声で楽しさを表現しないといけません!

あなたはカフェなどに入った時よく笑う店員を見たことがありますよね?

その笑った店員が上手な笑い方だと僕らは思わず

・この人って楽しそう

・仕事好きなんだろうな

・余裕がありそう

など、笑うだけでこんなに特典がついてくるんです!

実際その店員は作り笑いかもしれません!(だとしたら怖っ!笑)

でも微笑むことはそれだけ効果があることなんです!

営業の世界でよく聞いてました

「もらう前に与えろ!」

与えるものは何か特別なプレゼントである必要などありません!

あなたが今あるもので大丈夫です!

あなたのその笑顔をプレゼントしてあげてください!

笑声に話を戻しましょう。

笑声をどうやって出すのか?

口角を上げて話します。

というより笑いながら電話してみてください!

契約の取れない人は

「顔見えないしいいだろ」と思いまったく笑わないで電話している人がいます。

厳しい言い方ですがそれで契約が取れるのはまぐれです。

たまたまお客様にニーズが一致しただけの話です。

昔カー用品のカーワックスの販売を2日間するという仕事がありました。

ノルマがありました。10本売ること。

その当時の僕はやる気なし、適当でいいや、立ってるだけで大丈夫と思いました。

営業のコツはすでに知っているのにただの商品案内で余裕だと思ってました。(なめてました、すいません(泣))

しかし、その商品全然売れないんです。笑

運の悪いことにそのカー用品の社員に見られました!

こっぴどく叱られました。笑

1日の売り上げは4本ほど。

こっぴどく叱られ、落ち込んだけど”明日はあれをやるしかない”と帰りに決意しました。

2日目に僕がやったことは

テンションと笑顔です。

1日目が嘘のように

テンションをお客様より高く持ち主導権を握り。

笑顔を振りまきました。

結果は

業務終了よりもっと早く

あっという間に

10本売り上げました。

帰りの片付けの方に時間がかかったほどです。

それだけテンションを笑顔(笑声)は効果絶大なんです。

当たり前の事ですがこれを意識するだけで相手の反応も変わります。

何度も言いますがテレアポは特に顔が見えません。

対面営業以上に意識しなければいけません!

すぐに実践できることなのでやってみてくださいね!

-未分類

執筆者:

関連記事

【注目】コールセンターの求人をお探しの方へ。あなたがまず最初に必ず押さえとくべきスキル。これであなたも戦力になる。

コールセンターで働いていると 当然受信業務なら電話が鳴ったら電話を受ける 発信業務なら電話をかける。 わけですけども コールセンター未経験で働く人でコールセンターを辞めていってしまう人の最初の障壁って …

あなたはどちら派?僕の感じたコールセンターの受信・発信業務のストレス度

  仕事にストレスはつきものです。 コールセンターもまたストレスのなかなか溜まる仕事です。 今回はコールセンターでの インバウンド(受信)とアウトバウンド(発信)。 どちらも経験した僕が実際 …

【伝授】コールセンター初心者&求人を探してるあなたへ!呪文を習得せよ!”コールセンター用語を知っとくと”何かと後々便利な件。

『&#$¥€です!』 え!?何かの呪文!!?? コールセンターで働いて初めの頃は何だか不思議な言葉に???となる事がよくありました。まさに上に書いたような理解不能って感じの言葉。 今回はその不 …

no image

コールセンター初心者へ。最初にあまり選ばない方がいいコールセンターの業種は〇〇系。

コールセンターにあまり良い印象を持ってない方もいらっしゃいます。 良い印象を持っていない人の働いた事のあるコールセンターの現場にはある“共通点”があったりします。 なんだと思い …

あなたがいつも使っているその”言葉”実はコールセンターでは使えません!

日常であなたがよく使う言葉の中に、実はコールセンターでは使ってはいけない言葉が潜んでおります。 コールセンター経験のない方がよくその使ってはいけない言葉を使用して管理者に注意される場面というのをよく見 …